令和2年3月1日より

 オンライン授業を実施中

富山県南砺市城端にある小さな小さな学習塾です。

「ひとりひとりを大切に」をモットーに小学生、中学生、高校生の学習をサポート しています。 

 

お問い合わせ 0763-62-1823

 

富山県立高校入試対策

新しい形の英語教室

詳細はLepton(レプトン)英語教室のページへ

南砺市初

ロボットプログラミング講座

マウスで簡単!プログラミング・特ななスキルは不要! 

 

(対象:小学3年生~)

詳細はロボットプログラミング講座

☆☆☆ 主 な 実 績

過去15年間

砺波高校普通科 合格率 100 %

 

福野高校普通科 合格率 96.8%

※詳細は合格実績のページへ

 

 今回の課題は、ライントレースカー(line trace car)。「線を辿る車」です。

 

 初回の今日は、黒線をトレースカーに認識させ、プログラム通りに動かすことでした。

 

 

 

まずは、ロボットである「トレースカー」を製作。

 

それほど、ブロックも使いませんし、センサーも

 

使いませんので、組み立て自体は簡単?だったはず。

 

20分程度で、2人とも完成させました。

 

 

 次はプログラミングですが、白黒を認識させるセンサー=赤外線フォトリフレクタを

 

白の場合、黒の場合におけるそれぞれの数値を測定し(テストモードにて)、

 

「しきい値」を決めなければいけません。 

 

部屋の明るさが一様ではないため、2人の測定値はバラバラでしたが、おおよそ45くらいに

 

決めました。

 

そして①から③までのプログラミングに挑戦!

 

①1番目の黒色の線でロボットを止める

 

②1番目の黒色の線を通り過ぎ(☚が一番難しい)、2番目の黒色の線でロボットを止める

 

③1,2番目の黒色の線を通り過ぎ、3番目の黒色の線でストップ、数秒後に後退し、2番目の

 

 黒色の線でロボットを止める。

 

ヒントを出しながら、なんとか③までクリアーしました。

 

 もう一つのプログラミングを行う予定でしたが、時間切れで、次回に持ち越しです。

 

2人の本日の成果は以下の動画にて・・・。

 

 

 

 次回は、やり残したプログラミングを行い、その後、

 

 黒色の線を辿る、本格的なライントレースカーに挑みます。