第8回のテーマは「自動追尾カー」の製作です。

 

 今回は、その基礎編ということで、コントローラー制御の車(ディベロッパーで製作済み)に、

 

 新たに機能を付加し、進化させた車作りに挑戦です。

 

 新たな機能とは、「道路から(黒線から)はみ出した時に、注意をしてくれる」機能です。

 

 

 前回(第7回)にて使用した車を若干改造し

 

ます。

 

赤外線フォトリフレクターの位置を付け替え、

 

ブザーをつけます。

 

コントローラーにタッチセンサー、加速度センサーをつけ配線します。

 

 

 

 車の改造が終わると、プログラミングに必要な数値(加速度センサーの数値)をテストモードで

 

調べていきます。

 

 数値が判明し、コントローラーで制御できるようにプログラミングします。

 

 ここでトラブル発生です。

 

 DCモーターがうまく作動しない・・・。

 

 あれやこれやと悩みました。

 

 とにかく、DCモーターの動きが変だったので、その原因をつかむのに一苦労しました。

 

 電池切れ、スタディーノの故障、プログラムの内容などなど一つ一つチェック。

 

 これだけで相当時間を使ってしまいました(苦笑)。

 

 原因は。。。

 

 プログラムの細かい部分にミスがあり、それを修正した結果、無事動作してくれました。

 

 

  次は、新たな機能「道路から(黒線から)はみ出した時に、注意をしてくれる」機能を

 

 プログラムに組み込むことに挑戦・・・・・だったのですが、時間が足りませんでした。(涙)

 

 

 実は、今回のこの講座では、以下の狙いがありました。

 

「本格的なフローチャート(プログラム時に頭を整理するための)を自分で書く」ことへの挑戦です。

 

 

 これによって、「プログラミング的思考」を伸ばすわけです。

 

 なかなか難しいですが、徐々に理解してほしいところです。

 

 

 次回は、今回書いたフローチャートを参考に、

 

「道路から(黒線から)はみ出した時に、注意をしてくれる」機能付きコントローラーカーを製作し、

 

 最終目標である「自動追尾カー」に挑む予定です。

 

 (※今回は動画はありません)