さて、いよいよ「マスターコース」も今回で最後です。

 

 「終わりよければ・・・」になるでしょうか。。。

 

 今回は、前回の「ロボット掃除機」の進化形にチャレンジします。

 

 

まずは、前回のプログラムでは、ま

 

んべんなく移動しなかった「ロボッ

 

ト掃除機」を、できる限り、ランダ

 

ムに移動するようにプログラムを改

 

良していきます。ディベロッパーコ

 

ースで学習した「乱数」を新たに追

 

加します。

 

 難しいプログラム修正ではありませんでしたの

 

で、時間はかかりませんでした。

 

 修正前と、修正後では、「ロボット掃除機」の

 

動きの違いを確認することができました。

その時の、様子は以下の動画 ↓ を参考にしてください。

 

(1つ目はリハ(リハーサル)?になってしまったNG動画です)

 

 

 次に、「ロボット掃除機」に新たな機能を付け加えるため、形を変えていきます。

 

 魚の「ホウライエソ」に似た形のロボット掃除機をイメージして製作しました。

 

 「プログラミング」では、口をパクパクさせて えさ (掃除機ではゴミ)をキャッチする

 

 ように改良します。

 

  さて、うまくいったでしょうか。

 

 詳細は 下記 ↓ の動画を参照ください。

 

 

 というわけで、教室内の微妙な明るさの影響からか、2人のロボット掃除機はうまく動作してくれませ

 

んでした。(プログラム上ではおかしなところは見当たりませんでした。)

 

 最初は動画をUPするつもりはありませんでしたが、「失敗もこれまた勉強」ということから、敢えて

 

UPしました。

 

 さて、次回からは「イノベーターコース」に突入します。どのようなロボットを作っていくのか、

 

楽しみです。(次回は8月下旬にて2回実施予定です)