マスターコースの最初の課題(第1回目)は「踏切」!

 

電車が通過する際に、

 

「カンカンカン・・・」と音を出しながら、赤色灯が交互に点滅し、遮断機が開閉する・・・。

 

それを、製作します。

 

 

 

まずはテキストを見ながら、「踏切」を製作。

 

それほど複雑ではないのですが、組み立て終わる

 

まで、約30分経過・・・(汗)。

 

 

 

ブロックを使って組み立てていくわけですが、当然、前後左右などを考えなければなりません。

 

(ブロック遊びのようですが、実はしっかり頭を使っています!)☚ 創造力

 

 

その後、警報機についてプログラムしていくのですが・・・・・・・。

 

 ①プログラムに必要な数値(赤外線フォトリフレクタ)のチェック

 

 ②警報機の「カンカンカン・・・」という音、赤色灯を交互に点滅させる時間の間隔をチェック

 

に、またまた時間がかかり・・・。

 

 それでも、なんとか、警報機のプログラミングまでは終了・・・。

 

 

 その後、遮断機のプログラミングに手をつけたのですが・・・・・・

 

 「○○関数」「変数」などが出てきて、???の状態(苦笑)

 

 

 

 

 それに加えて、テストモードの発展(ステップ実

 

行)の登場・・・。

 

何のためにこれ(ステップ実行)を活用するの

 

か、あまりピンときていなかった様子。。。

 

 ここで、本日は時間切れでした。

 

 

 最後に、警報機のプログラミングの成果を動画でとるべく、いざ!撮影しようとしたのですが・・・。

 

 2人とも、一度はうまく動作していた警報機が、まったく動作しませんでした。

 

 考えられる原因は、警報機のプログラムを保存せず、それを次のプログラミングに流用し、

 

テストモードで、データのやり取りをした結果、最初のプログラムが上書きされてしまったため・・・

 

と思われます。

 

 というわけで、本日分の動画はありません。

 

 下の静止画だけとなります。(「踏切」及び「電車」は組み立て終了しています。)

 

 

 あまり進捗状況が芳しくなかったため、補講が必要かもしれません(笑)。

 

また、テキスト以外の補助教材(プリント)を作らなければならないかも・・・(汗)。

 

 

マスターコース恐るべし・・・?!と思っているかもです(苦笑)。