お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

1月には珍しく・・・

 

 本日は朝から、1月には珍しく 〇 (理科で習う天気マーク 「快晴」雲量0~1)でした。

 

 まるで太平洋側に住んでいるかのような天気でした。

 

 1年で一番昼間の時間が短い冬至から、1ヶ月ちょっとが経過していますので、こういう晴れた日の

 

 夕方に、昼間の時間が長くなった(日没時間が遅くなった)ことを実感できます。

 

 

 因みに、城端の北緯はおおよそ36.5度です。

 

 ということは、冬至の太陽の南中高度が 30.1度 ( 計算式 90-36.5ー23.4 )

 

 になります。

 

 それから春分にかけて23.4度増えますので、この時期の南中高度は約39度くらいでしょうか。

 

 南中高度が高くなった分、天球上を進む太陽の軌跡の長さも増えますので、昼間の時間が長くなる

 

 わけですね。

 

 例年、この1月下旬の時期には降雪となることが多く、昼間の時間が長くなったことをそれほど

 

 感じませんが、今日のような快晴の日には、近づく春の足音を聞くことができます。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆中3「入試対策社会」・・・・・・・・・地理 演習プリント2枚

                     歴史 演習プリント4枚

 

☆中2「理科・社会」・・・・・・・・・・理科 電力その他 演習プリント2枚

                     歴史   江戸時代末~ まとめプリント1枚

                        〃    演習プリント3枚