お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

英作文・・・二重の苦しみ

 

 栄塾では、英語の授業の際、必ず行っていることがあります。

 

 「単語の小テスト」です。

 

 入塾の時期にかかわらず、教科書の単語を中1~中3の順にテストしています。

 

 もちろん、一定のルールを決めています。

 

 それをクリアーしない限り、次の段階に進めないようにしています。

 

 例年、頑張って単語を覚えた塾生~なかなか覚えきれなかった塾生までいろいろいます。

 

 例えば、不定詞の副詞用法(~ために)に関する英作文において。。。

 

 【1】「彼は本を読むために図書館に行きました。」という内容を英語で書きなさい。

 

 ・出題の意図としては、

 

  プライオリティ(優先順位)の一番目として、不定詞(to 動詞の原形)を使っているか。

     

  次に「行く」go を ⇒ 「行った」went にできているかどうか。

 

  (大文字で始まって、ピリオッドで終わる は当たり前)

 

  He want to the libraly to read a book.

 

     と書いた場合。。。

  

      He want to the libraly to read a book.

 

     赤字の部分の単語が間違っていることになります。

 

  want (欲しい) ⇒ go の過去形は went

 

      libraly                 ⇒ library

 

   

      単語をしっかり書けていれば、〇 なのですが。。。

 

  単語力があれば、英文を覚える際、骨組みだけを覚えればよいのですが、

 

  一方で、単語力がないと 「英文(の骨組み)を覚える + 単語を覚える」

 

  と二重の苦しみになってしまいます。☛だから、覚えるのが大変で、なかなか前に進まないし、

 

  すぐに忘れてしまうのです。(相乗効果 ならぬ 相乗逆効果!)

 

  会話であれば、ある程度、相手に理解されるかもしれません。 が、

 

  入試では、英語表現力は、英作文力で見られますので、単語力が絶対に欠かせません。

 

  「二重の苦しみにならないためにも、早いうちから単語力を身につけて欲しい。」という思い

 

  から、毎回の小テストを行っているのです。

 

  

  頑張って単語を覚えた塾生は、英作文の問題に関して、例年、パーフェクトに近い状態に・・・。

 

  その一方で、単語を覚えきれなかった塾生は、半分も取れない状態になります。

 

 

  ここ最近の県立高校入試の英語は、リスニング問題も含めると、35%前後、英文で書かせる

 

  問題が出題されています。

 

  

  日々の努力(単語の勉強、英作文練習などなど)が英語を攻略する近道と私は考えています。

 

  入試の当日まで、中3生は、あきらめずにできる限り覚えましょう。

 

  中1生、中2生は今から、単語力をつけておくことが非常に大切です。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆中3「英語B」・・・・・・・・・・・・英作文強化プリント2枚

                    入試対策英作文1枚

                     call A B / make A B  の復習

                                                         関節疑問文・後置修飾の簡単な説明

                   ※上記の項目を各自できる範囲にて

 

☆中2「数学」・・・・・・・・・・・・ 基本問題演習プリント1枚

                   1次関数に関する基本問題プリント1枚

                   1次関数の演習 プリント2枚

                   連立方程式の応用問題プリント1枚(余力がある塾生のみ)