お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

期末試験にむけて

 

 昨日から、期末試験対策の日程となっています。

 

 本日と明日は、通常通りの時間割ですが、授業そのものは期末試験対策がメインです。

 

  中1生の英語では、教科書内の指定された2ページの中から英単語の筆記が出るようですので、

 

それに合わせた問題を急遽作成し、早速中1生にやってもらいました。

 

 40個の単語の問題で、正答率が50%~80%でした。

 

試験までまだ時間があるので、何度も繰り返し書いて覚えてほしいものです。

 

 自己紹介文については、4月から徐々に書いてきていましたので、それほど苦になっていないはず。

 

各単元の英語の表現では、How many ~s do you have? がまだマスターしきれていない状況でした。

 

その他、曜日のQA、天気のQA、命令文などなど覚えなければいけないことが盛りだくさん!

 

教科書の本文も、しっかり英文で書く練習が必要です!!

 

 8時30分以降、中1生は自習という形で上記の英文、単語などにそれぞれが取り組んでいました。

 

塾の授業が終われば、すぐに帰宅したいはずですが、期末試験にむけて、ひたすら頑張っていきました。

 

 

 さて、中3生ですが、「平方根」の項目が弱い・・・。

 

というわけで、基礎から教えました。が、一部の生徒は???の状態でした(苦笑)

 

あれやこれやと、手を変え品を変え説明を加えていきますが・・・、

 

例えば、

   ・3の平方根は、±√3である

   ・√3は3の平方根である

   ・-√3は3の平方根である

   ・±√3は3の平方根である   (いすれも正しいです。)

 

   3の平方根 を ●●中学校の生徒 

   +√3(3の正の平方根) を A君 

   -√3(3の負の平方根) を B君 と置き換えると・・・

   (●●中学校の生徒は、A君とB君の2人だけという前提です)

 

   ・●●中学校の生徒は A君とB君である

   ・A君は●●中学校の生徒である

   ・B君は●●中学校の生徒である

   ・A君、B君は●●中学校の生徒である  となり、これはすぐに理解してくれるのですが・・。

 

   平方根にすり替わってしまうと、大混乱が生じているようです。

  

   また、「3の平方根は±√3である 」という場合には。。。

 

           根は 2つ ある()というところをおさえておけばいいのですが・・

 

   例えば、「10の平方根は?」って聞かれたら、平方数でない限りは

 

   その10に ±をつけて√ をかぶせれば完成!しますし、

 

  √7 は、何の平方根? って聞かれたら ルートの中の数の 平方根って答えればいいのです。

                              (すなわち 7の平方根)

 

  5 は何の平方根? って聞かれたら、 

 

  5を二乗し、√をかぶせて、あとは上記の√7の場合と同じように考えればよい・・・。

 

 こういう事柄を、板書しながら、説明し演習を重ねていくのですが。。。

 

  「 √0.01 は 0.1の平方根である。」 赤字の部分は正しいか? って聞くと、

 

 ??? になったりと・・・。(苦笑) 

 

( 答えは 正しくない 0.01の平方根 で ちなみに√0.01は 0.1です )

  

 期末試験前まで、あと2回授業をする機会がありますので、なんとか形にしたいと思っています。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆中1「英語」・・・・・・・・・・・・数学 集合、規則性 プリント1枚

                     文字式(乗法、除法)プリント1枚

 

                   英単語強化プリント(通常)1枚

                   期末試験用単語プリント1枚

                   まとめプリント2枚

                   期末試験用プリント3枚

                   期末試験用(教科書本文)プリント2枚

 

☆中3「数学」・・・・・・・・・・・・平方根に関する基本 プリント5枚

                  ※板書にて乗法の説明