お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

中間試験の理科

 

 今回の中3生の中間試験の理科は「イオン」の分野がメインです。

 

 また、イオンの分野がすべて範囲になっているのではなく、中和反応の前までが範囲です。

 

 なかなか難しい分野かもしれませんが、あきらめてはいけません。

 

 

 以下は、イオンの勉強方法の一例です。

 

 ①原子の構造を理解すること。

 

 原子☛原子核があり、その内部に陽子と中性子があり、原子核の周りに電子が存在。

 

    電気的に、原子はプラスマイナス0、陽子はプラスの電気、電子はマイナスの電気、

 

         中性子は電気を帯びていない・・・なども含めて覚えること

 

 ②代表的な電解質である

 

 「塩化ナトリウム・水酸化ナトリウム・塩酸(塩化水素)・塩化銅」の化学式を覚えること。

 

 ③イオンとは何かを理解すること。

 

  電解質を溶液にした際、電子を与える方が、陽イオンに・・・

 

             電子をもらう方が、陰イオンに・・・

 

 ④代表的なイオン式を覚えること

 

 「水素イオン・ナトリウムイオン・銅イオン・亜鉛イオン・マグネシウムイオン・塩化物イオン・

  水酸化物イオン・硫酸イオン」などのイオン式。

 

 ⑤電解質が電離する状態を化学式、イオン式で表すことができること。

 

 「塩化ナトリウム・水酸化ナトリウム・塩酸(塩化水素)・塩化銅」など。

 

 ⑥塩酸・塩化ナトリウムの電気分解の様子を、図を描きながら理解すること。

 

  ・それぞれの電気分解の化学反応式

  ・陽極・陰極における反応の様子を、化学式、イオン式、電子(e)で表す

 

 ⑦イオン化傾向(イオンになりやすい順番)を覚えること

 

   ( Na > Mg > Al > Ze > Fe > Cu > Ag くらいは覚えること)

 

 ⑧(化学)電池の仕組みをイオン化傾向から理解すること

 

  ・イオン化傾向と陽極・陰極の関係

  ・気体が発生するのは陽極か陰極か 

  ・電流と電子

  ・なぜ電解質?

  ・なぜ異なる2つの金属板? などなどの視点をもつ

 

  ・陽極・陰極における反応の様子を、化学式、イオン式、電子(e)で表すことができること。

 

 ⑨いろいろな電池 ☛ 1次電池・2次電池とは

          ☛(化学)電池と燃料電池の違い などなど。

 

 これを、教科書、ワークなどで演習しながら理解を深めていくことです。

 

 その際、間違えた個所は、何度も何度も解きなおす。

 

 

 また、理科では、図がある個所は「必ず図を書いて(何度も)理解すること」が大切なんです。

 

 塾生には、毎年、「理科では、図を書いて理解を深めていくよう」指導しています。

 

 

 今回は試験範囲としてはやや少なめです。

 

 ということは、イオンをしっかりマスターすれば、かなり良い点数が取れるはず。。。です。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆中2「理科・社会」・・・・・・中間試験対策 理科は「地震」の分野 演習プリント5枚

                       社会は試験範囲の歴史分野 まとめプリント3枚

 

☆中3「理科・社会」・・・・・・電解質~電池まで板書にて解説

                及び問題演習

               ※まだまだの状態なので、中間試験まであと2回は試験対策実施予定