お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

勉強と作業・・・工夫

 

 英文を覚えるとき、ひたすら書いて覚えようとします。

 

 ただし、書いているその英文の大切な要素(ポイント)をしっかり理解していなければ、

 

 応用力がつきません。

 

 「なぜ、そのような形になるのか?」を意識して覚えることが大切なのです。

 

 ひたすら書いて覚えることは確かに必要なのですが、ポイントを押さえなければ、

 

 それは限りなく作業に近いのです。

 

 英語に限らず、他の科目においてもポイントを押さえていない勉強は、作業に近いです。

 

 

 そして、どうしたら覚えることができるのか?どうしたらミスが減るのか?

 

 「どうしたら・・・・?」と考えること。

 

 つまり工夫をするようにしていく!

 

 

 最初からうまくいかなくても構わない。

 

 なぜ?どうしたら?・・・・ もっと自分の頭で考えること!

 

 地頭を鍛えましょう!

 

 

 塾の授業では、大切な要素(ポイント)を必ず、伝えます。

 

 ・その時、理解し、覚えていても、再度、塾外でなるべく早めに確認をしないから、

 

  すぐに忘れてしまう。

 

 ・学校の予習として説明しても、学校の授業をおろそかにしてしまう。

 

 これでは、成績は上がるはずはありません。

 

 

 何度説明しても同じミスを繰り返す。そしてその場で理解しても、後日また間違える。

 

 これでは前には進みません。

 

 

 新中2生は、入試に直結する内申点がつくことになります。

 

 新中3生は、いよいよ受験生となります。しかも、内申点は中2の2倍!です。

 

 

 両学年の生徒は、今までの自分の勉強スタイルを早めに見直すことをお勧めします。

 

 県立高校の入試は、約40数%が内申点です。

 

 

 内申点を甘く見ていると、あとで痛い目にあいます。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆「個別指導」・・・・・・・「中2」 英単語強化プリント 1枚

                   英作文整序プリント 2枚

                   数学 場合の数・確率 プリント1枚

 

              「中2」 英単語強化プリント 1枚

                   英作文整序プリント1.5枚

                   数学基本 プリント1.5枚

                   数学 場合の数・確率 数問