お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

たゆまぬ努力・・積み重ねてこそ

 

 大きな成果を一朝一夕で生み出すことはできません。

 

 日々たゆまぬ努力を積み重ねて、少しずつ形になり、それがまた積み重なって

 

 そして時間をかけて大きな成果になって表れる。

 

 入試に向けての勉強も同じ。。。

 

 一夜漬けで合格できる入試なんてあり得ない。

 

 入試はそんなに甘くはない。

 

 

 新中3生はそろそろ自分の進路を真剣に考える時期なんです。

 

 目標をたて、それに向かってどうするべきか・・・。

 

 

 入試なんてまだまだ先のこと・・・って思っているうちは

 

 まだまだ他人事。

 

 早く自分事にしましょう。

 

 

 今年、卒塾した一人の生徒。。。

 

 栄塾に来たのが、昨年の8月。

 

 入塾したての頃は、私自身「県立は難しいかも・・・」と思っていました。

 

 その生徒自身も、当初は塾に行く気持ちが全く湧かなかったとのこと。つまり後ろ向きの姿勢でした。

 

 それでも我慢して我慢して、通塾し続け、努力を積み重ねた結果、徐々に前向きな姿勢に変わり、

 

 入塾前の実力テスト30点台(200点満点)だったのが、入試直前では90点手前まで上昇。

 

 外部模試の判定も E でしたが、それでもあきらめずに頑張りぬいた結果、見事合格しました。

 

 途中で、「自分の力で何とかしなければいけない。」と気がついてくれたんですね。

 

 

 私は、塾生に原語で必ずこう言います。

 

 「点数を上げる(成績を上げる)のはお前たちであって、私ではない!」

 「志望校合格に向けて、そのお手伝いを精一杯するが、私が合格させるわけではない・・・。」

 「自分で合格しなければならないんだよ。」って。

 

 

 受験がうまくいく塾生ばかりではありません。うまくいかなかった塾生だって当然います。

 

 開塾以来の合格率がそれを物語っています。

 

 

 合格率100%ではありません。

 

 

 100%になることはもう絶対にありません・・・。

 

 うまくいかなかった塾生たちの思いを忘れずに、

 

 それに限りなく近づけるように

 

 私自身も、たゆまぬ努力を惜しまないようにしなければなりません。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆高校生・・・・・・・「高1」数学・・・複素数の計算、重解

           「高1」数学・・・剰余・因数定理   質問に対する解説