お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

入試・・・国語

 

 まずは、確実にできるところから解くことが大切です。

 

 漢字 → 作文 → 読解 と解いていくのも1つの方法です。

 

 漢字、作文で、約30%分の配点があります。

 

 

 作文は、何度も書く練習を積めば、素早く、的確に書けるようになります。

 

 テーマを決めて、作文を書き、必ず先生の添削を受けるとよいかもしれません。

 

 読解は、小説、論説の得意分野から解くとよいでしょう。

 

 国語の点数アップには、読書を進めますが、時間がない今は、

 

 手短な(解説がしっかりしている)問題集をやるとよいかもしれません。

 

 

 国語は、文章の中に、答えあるいはヒントが必ず存在する教科です。

 

 問題を数多くこなして、読み方、解き方をマスターしてください。

 

 古文(漢文)も、同様な問題集を少しでもやることをお勧めします。

 

 

 さて、今週は各教科の勉強の進め方、解く順番などを参考になればと、書いてきましたが、

 

 自分のやり方を、急遽変更する必要はありません。

 

 今までの、自分に合ったやり方でかまいません。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆彡Today's proverb☆彡

 

その54 Lend your money and lose your friend. 金を貸せば友を失う

 

                            ※lend → (v)「貸す」 lend - lent -lent

                            ※lose → (v)「なくす」lose - lost - lost

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆「中3土曜日入試特訓」・・・・・・・漢字演習 プリント1枚

                   英語(ディベート編) プリント1枚

                   数学(基本演習) プリント1枚

                   数学(図形証明) プリント4枚

                   社会(歴史・地理)プリント3枚

 

☆「中3入試対策理科」・・・・・・・・演習問題 2セット 採点・解説

 

※県立高校の入試まで、この「土曜特訓」も残り2回となりました。