お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

基本に忠実かどうか・・・

 

どんな簡単な問題であっても、しっかり基本に忠実に書くか書かないかでは雲泥の差。

 

簡単な問題だから、暗算しても大丈夫!適当にやっても大丈夫! ・・・な訳はありません。

 

入試は1点を争う戦い。

 

同じような学力がある受験生が集まる場。

 

1点に泣かされ、無念の不合格となることは昔から言われ続けています。

 

なぜ? その1点にこだわらないのか?

 

そう思いながら、特に中3生には厳しく指導しています。

 

今日は、久しぶり雷を落としました。

 

「そんなんだから(書けと言ったことが書かれていないから)いつまでたっても

 

まちがえるんじゃ!」

 

うるさく言うのは、不合格者になってほしくないため、なのですが。

 

 

しっかり書いて、自分のものにしようとする生徒、大切な個所を板書しても

 

スルーしてしまう生徒。いろいろな生徒がいますが、注意するのもあとわずか。

 

 

そのうちに、(私としては)注意する時間がもったいない! という気持ちになります。

 

冷たいようですが、あとは自己責任!というのが栄塾流。

 

 

父兄から文句が出ても、「何度も指導し、伝えてありますが・・・」とお答えします。

 

いくらうるさく言っても、言う事を聞かない以上、はっきり言ってお手上げなんですね。

 

実力テストなどで、早めに痛い目に遭うのが一番の薬かもしれません。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

☆中3生「入試数学」・・・・放物線の各種問題 プリント3~5枚

              その他。

 

☆中2生「英語」・・・・・・数学計算プリント     1枚

              英単語強化プリント   ~2枚

              英作文強化プリント   ~3枚

              There is ~ 練習プリント 1枚

         ※試験範囲を確認すると「不定詞」が入るため、

          「~すること」「~ために」「~して」のポイントを説明&英作練習