お問い合わせ 0763-62-1823

板書・・・

 

栄塾は、時には個別的に指導しますが、基本はやはり集団形式。

 

生徒の共通認識事項は、板書をします。

 

画像は、本日の中3「入試対策 数学」の一コマ。

 

この講座では、今年度は、学校で学習する事柄も並行して指導しますので、

 

今、習っている「2次方程式」を解説。

 

たいていの生徒は、自分なりに(工夫して)ノートに書き写し、理解を深めようとします。

 

演習に移った際、それを見ながら、問題を解く練習を積んでいく。。。

 

しかし、

 

板書したことを、しっかり(正確に)書き写すことすらできない生徒が、ここ最近目立っています。

 

「塾の授業で、こうだとしたら、学校の授業では・・・。」って考えます。

 

 

もちろん、書き写すことだけに力点を置いてもらっても困るのですが、それさえもできていない・・・。

 

 

今日の中2生の「英語」。

 

「~が・・・にあります(います)」の英文・・・。

 

1個(人・匹)の場合・・・ There is a □ ~ .

 

2個(人・匹)以上の場合・ There are □s ~ .

 

 ~ の部分には 場所を表す表現が入ります。

 

 ~の上に  ・・・ on the ~

 ~の下に  ・・・ under the ~

 ~の中に  ・・・ in the ~

 ~のそばに ・・・ by the ~

 ~の近くに ・・・ near the ~   などなど。

 

書けない単語を 板書・・・ 

 

 テーブル : table  机 : desk  いす : chair

 部屋   : room   壁 : wall

 

 本 : book  ペン : pen  カップ : cup  ボール : ball などなど

 

これらを組み合わせて。。。

 

 There is a book on the desk.

 There are two cups on the table.

                    のように絵をみて見て英文を書く問題に挑戦したわけです。

 

生徒全員がそうではないのですが・・・

 

1個(人・匹)の場合・・・ There is a □ ~ .

 

2個(人・匹)以上の場合・ 

                               で終わっている生徒がいました。

 

大切な部分が抜けてしまっています。 

 

これでは、「英文を作りなさい。」と言っても、できるはずがない。

 

板書のスピードについてこれていないのか、そもそも書くことが嫌いなのか・・・。

 

まずそこを押さえることが、今後の私の課題であると思っています。

 

 

ただし、板書をただ、ぼーっと他人事のように見ている生徒には、しっかり注意します。

 

説明している事柄をすでに理解している生徒でも、必死に書いている。

 

理解すらしていない、ましてや覚えてもいない生徒が、他人事のようにしているのは、

 

私は認めていません。 

 

「自分で書いて、理解しようとしないで、どうするの?」 って。