お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

自分の力で分かろうとする・・・

個別指導の授業も残すところ、あと3回。

 

2学期からは、授業編成が受験生向けにシフトする関係上、

 

個別指導の授業枠は残念ながら、とれないのです。

 

現在、一度に3人の生徒の勉強を見ています。

 

そのうち、2人は、なんとか自分の力で問題を解決する力がつきつつあります。

 

2学期から個別指導の授業がなくても、大丈夫そうです。

 

残りの一人は、すぐに「わからない。」を連発する。

 

質問すること自体、悪いことではありません。

 

実は、私は、ある尺度をもって生徒を見ています。

 

ある問題を生徒に解かせる際、自分の力で解決できるレベルに到達していると思った場合には、

 

やり方を含めて、一切教えません。

 

 

まずは、自分の頭を使って考えさせる。ダメな場合はヒントを与える。

 

すぐに、問題の解き方を教えても、生徒のためにはならないのですね。

 

解き方を教えた時、生徒本人は分かったつもりでいても、頭で考えていないので、

 

結局は身についていない。。。

 

 

今まで習った事柄を通じで、自分の力で分かろうとする。。。

 

その姿勢がないと、学力UPは難しいと考えています。

 

あと3回の個別指導で、「どこまで自分の力でわかろうとすることができるようになるか。」

 

私の喫緊の課題です。

 

 

さて、本日は個別指導の後、中3「数学」。

 

実力テスト向けの問題2枚(1枚のみ解説)をさせてみましたが、

 

いわゆる入試力レベルの力が、つきつつある生徒、まだまだの生徒、ばらつきがあります。

 

夏休みは、ちょいと鍛える必要が大ありです(笑)。

 

 

またまた、ひょうんなことから、約30分ほど「理科」を!

 

光速、音速の話から、光の屈折(レンズ・その他)について、雑談形式の説明をちょこっと。(画像)

 

説明オンリーでしたので、あとは自分で問題演習をするかどうかです。