お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

なぜ書かぬ?書いても・・・

授業で大切な点を板書したとします。

 

生徒の反応は・・・,大きく分けて、

 

➀きっちりノート(プリント)に板書した内容を書く生徒or必要事項だけ書きとる生徒

②いやいやながらも、とりあえず書き写す生徒

③他人事のように、まったく書こうとしない生徒

 

 

②、③ではお話になりません。

 

②については、たんなる作業になっているはずです。

頭の中に整理されて、入っていくわけがない。

 

 

では➀については・・・

 

その場で、しっかり理解、記憶できればいいのですが、

書きとった内容を、再度確かめる機会がないと、全く意味がありません。

 

例えば、学校の課題などで、塾で学んだことを確かめる・・・。

そのようにして、理解が深まっていく。

あるいは、学校で学んだことを塾の授業で再度確認する。

これが一番の理想形。

 

③については・・・

 

いわゆるフラッシュ暗記ができる人は少ないと思います。

できたとしても、時間がたてば忘却することが多い。

書いてもなかなか、覚えることができないのに、書かないとなると・・・

 

結果はわかりますよね。

 

塾の授業でこれが見受けられるとすると、学校の授業ではどうなんだろう?って思います。

 

「この問題では、必ず、これを書くこと!」って指示を出しても書いてこない・・・。

「大切なポイントだから、メモをとれ!」って言っても、メモすら取らない・・・・。

 

その結果、案の定、似た問題でまた間違える。

当たり前ですよね。

 

あと、ひと手間、ふた手間かければ、正確な答えにたどり着けるのに、

 

そうしない・・。 

 

この小さな、積み重ね(手間)があるかないかで、徐々に差が開いていく・・・。

 

できた問題より、あやふやな問題、間違えた問題への対処の仕方が非常に大切!なのに・・・。

 

 

問題を解いて、間違った場合の個々の対応については、後日・・・。