お問い合わせ 0763-62-1823

 

 

予習型授業の功罪

予習型で学習すると、成績は確かに伸びる可能性が高いです。

栄塾でも一部予習型で指導しています。

ではすべての教科について、予習型で教えていいものなのか。。。

例えば。。。理科!

これから行う実験の前に、結果を知ってしまっていたら。。。

その実験の数々の狙いが、台無しになるのでは。。。

考える力、想像する力、そして新しい発見への感動などなど。。。

それを失くさせてしまう授業は、私は賛成しかねます。

というわけで、栄塾では、生徒に授業の進度を確認しながら、できるだけ実験など

に影響を与えないように配慮しているつもりです。

塾の使命とは・・・点数アップと志望校への合格その他

しかし、学校の進度とのかねあい・・・。

日々考えながら、指導していく必要性を改めて感じています。

 

さて、本日中2生は「社会」。歴史を指導しました。(ちなみに、小早川秀秋の字が間違っています)

 

新たな試みとして。。。

まず、こちらが用意したプリントをさせるのではなく、教科書を自分なりにまとめ上げて

理解し、覚えていく訓練を実施。慣れないので、まだまだでした。

ある事象を、自分なりに

把握→まとめていく(整理整頓)→知識として定着 というプロセス。

自分の力で、今後できるように余裕のある時に実施していこうと考えています。

最初から、与えられているものをやるのではなく、自分から能動的学習(active learning)

を行える力。。。を養えるようにしていきたいものです。

 

 

 

中3生は、「イオン(中和反応)」の基本的な考え方を、じっくり指導。

実験をする予定の箇所は、説明を省略しました。

 

※ 理科の画像にミスありです。

 

左上 リトマス試験紙の反応の様子 中性 と アルカリ性 の反応が逆ですね。