今回は、前回製作したトイレに、新たな機能を付け加えます。

 

 トイレ本体の改造に、さほど時間がかからなかったため、

 

 プログラミングに割ける時間が多く取れたのですが・・・。

 

 

 まずは、「座った時だけ、洗浄機能が働く」トイレにプログラムを改造。

 

 前回のプログラムを若干修正することで、座った時だけ洗浄機能が働くトイレに改造できます。

 

 自分がトイレでどのようにするかをイメージしながら、プログラムしていくわけです。

 

 イメージがわかない(考えようとしない)となかなか前に進めない課題でした。

 

 プログラム上は「~かつ~」と「~または~」をうまく使うことでした。

 

 ヒントを出しながら、こちらの方はなんとかクリアーできました。

 

 

 もう1つは、「フタを自動的に開閉させる」トイレにプログラムを改造すること。

 

 赤外線フォトリフレクタを使ったものですが、新たな関数(開閉関数)のフローチャート

 

 をプログラムするのに2人とも苦戦。

 

 時間の関係上、今回は答えのプログラムを教え、入力することに・・・(苦笑)。

 

 

 ↓ が完成した高機能トイレです。

 

 

 

 2人とも、なんとか高機能トイレにすることはできました。

 

  次回は「おもしろ貯金箱」の製作にチャレンジです。