「犬型歩行ロボ」の続きです。

 

 前回、途中で終了してしまったH君は約10分

 

 程度でやり残しをクリアー。

 

 

 

 前回はサーボモーター2個搭載型でしたが、今回は、3個搭載型に挑戦しました。

 

 前足の部分で1個、胴体(腰の部分)で1個、後ろ足の部分で1個の合計3個です。

 

 

 まずはロボットの改良から・・・

 

テキストを参考に組立です。その後、追加した後ろ足部分のサーボモーターのプログラムを行います。

 

分からない場合や、前に進まない際に、ヒントを出しますが、なるべく自力で考えるように指導します。

 

今回はそれほど難しいプログラミングではありませんが、ロボットが前進する原理を理解するのが難しい

 

ところでした。

 

 ロボットの基本形の組立、プログラミング後の動作ともにクリアーできましたので、

 

後は、自由に改造、プログラミングの変更(速度など)を行いました。

 

 

 

右の画像は、H君作のロボット「ネズミ型」。

 

(動作は下の動画にて確認できます。)

 

 

左の画像は、M君作のロボット「運搬用犬型」。

 

(動作は下の動画にて確認できます。)

 

 

 2人の製作したロボット・・・結構速足で前進することができました。

 

 となれば、あとは運動会! ・・・競争ですね。

 

 ロボの改造、プログラミング変更を行い、バトルです。(笑) 

 

 結構、真剣勝負してます。

 

 

 6~7回バトルを繰り広げました。

 

 途中、ロボットが分解するハプニングが起きたりしましたが、大いに盛り上がりました。

 

 ゲーム感覚での学びも時には必要なんですね。

 

 さて、次回は、今では当たり前のように家庭にある、トイレ(洗浄機能付き)の製作です。

 

 蓋(ふた)が自動開閉するかもしれないほどの、本格的なトイレロボットに挑戦です。

 

もちろん、水は出ませんが。。。(笑)