第4回は、ボタンコントローラー、スティック(棒)コントローラーによってロボットを

  

思い通りに動かすことが課題です。

 

 コントローラーは身の周りに多数存在しています。

 

また、国際宇宙ステーションの巨大アームもコントローラーで操作されていまし、

 

顕微鏡下などの微細な操作でも使われています。

 

 どのような仕組みで、そしてプログラムされているのかを学ぶことが第4回のねらいとなります。

 

 

 今回は、小さな子供でも知っている、「あっちむいてほい!」ができるロボットを製作。

 

まずは、マイコン、ブロック、サーボモーター等からロボット本体を作ります。

 

その後、手の動き「上・下・右・左」にかかわる、サーボモーターの角度を調べ、

 

いよいよプログラミング。

 

 

 ロボットを作る際少々、苦戦したようでしたが、なんとか完成。

 

プログラム自体は、「もし~なら」を使った簡単なものでしたので、さほど時間が

 

かかりませんでした。

 

 

 

 

ロボットが、プログラムしたとおりに動くか

 

どうかを確認中!

 

 「う~ん、なんかへん?だぞ!」

 

 

ロボットの手になる部分の動きが、何かおかしい

 

ことに気が付き、テキスト片手に分析中?!

 

そして、完成したロボットを使って実際に、「あっちむいてほい!」を楽しんだのが ↓ の動画です。

 

 今回は、マイコンについているボタンをそのまま押すコントローラーロボットでしたが、

 

次回は、加速度センサー付きのスティックコントローラーを製作し、本格的な仕組みを研究します。