今回の課題は、離れた場所に情報を伝える「光通信」です。

 

 発信器から光の点滅による情報を受信機で受け、それを解読する内容です。

 

 発信器は私(講師)が準備し、生徒は受信機の製作に取り組みます。

 

 

 

受信機そのものは難しい組み立てではありませ

 

んので、自由に作ってもらいました。

 

 生徒それぞれの考え方が反映していた?かも

 

しれません。(出来上がりは動画にて)

 

 

 

 受信機には「光センサー」を使用します。

 

 受信機が完成したら、その光センサーの性質について調べます。

 

 光のオン・オフそれぞれの状態で、どれくらいの数値になるのかをテストモードにて確認し、

 

 プログラミングの際に参考します。

 

 

 プログラムは3つの変数、3つの関数を使います。

 

 まずは独力でプログラミング。

 

 当然ながら、一発ではうまくいくはずがありません。

 

 多少のヒントを与えますが、なるべく自分でいろいろ考えて、

 

 ゴールにたどりつかなければなりません。

 

 途中、いろいろありましたが、なんとか2人とも本日の課題はクリア―。

 

 ↓ の動画にて確認していただければと思います。

 

 

 次回は、本格的な光通信「バーコード・オルゴールの製作」に挑みます。