いよいよイノベーターコースに突入しました。

 

 プログラミングは、生活に使う機械だけではなく、ゲームのような「遊び」も進化させてきました。

 

 今回は、センサーや、モーターを使って、リアルで楽しい「体感釣りゲーム」づくりに挑戦です。

 

 

 ゲームセンターに設置されている「体感型のゲ

 

ーム」の中で、結構人気がある「体感釣りゲー

 

ム」に挑んでいます。(写真)

 

 実際に、

 

①竿に模したスティック(ブロックで作ったもの)を振る

 

②(魚がヒットすると)、竿がブルブル振動。

 

③リールを巻きあげていくと、竿が徐々にしなると同時に、(海中にいるであろう)魚が暴れて竿がブル

 

 ブルと震える

 

④巻き上げに失敗すると、振動せずに、魚が悠然と泳ぐ。

 

といったような本物の魚がヒットしたような、迫力ある?釣りのだいご味を体感できるものを作ります。

 

 

 テキストを見ながら、ゲームに必要な部品(パーツ)を組み立てていきます。

 

 魚に関しては、もちろん自由な発想で作っていきます。

 

 この釣りゲームがどのようなものかを、まず私が事前に作ったもので体感してもらい、

 

 ゲームの流れを理解してもらいました。

 

 また、初めて使う「ジャイロセンサー」をテストモードで確認し、

 

 いよいよプログラミング開始です。

 

 プログラミングの結果、出来上がった「体感釣りゲーム」はうまくいったでしょうか。

 

 2人の成果は、下の動画をご参照ください。

 

 

 今回は、身近な題材であるゲームということで、非常にうまくいったと思います。

 

 次回は、今回作った「ゲーム」をもっとリアルに、そして楽しいものにすることに挑戦です。